不幸せと上手く付き合うことが心の防御策

ゲームは「負けるが勝ち」?逆転のチャンスをつかもう

「負けてる人」を根本的に変えるために。あなた、負けてません?いま、みんなにそう尋ねたら、どのくらいの人たちが「イエス」と答えて、ため息をつくことでしょうね。この本は、そんな人たちに読んでいただきたいお話を書いています。もしも世の中が右肩下がりだったら、過半数の人たちが「イエス」派だというのが動かしがたい事実です。また、成長はしているが、かなり低成長の場合にも、大きく勝つ人はごく少数だけ。

結果的に、多くの人が負けるでしょう。だから、そういう世の中では、負けてる人が「多数派」です。まずそれを理解してみてはいかがでしょう。つまり、負けてる人には「仲間」や「味方」が非常に多いんです。だったら、あなたは?ちょっと負けてる人かもしれませんね。いいんです、平均的日本人だというだけですから。いやいや、大きく負けてる人?たいへんですね、同情します。歴史を振り返ってみて、世の中全体で、勝ってる人が多かった時代がどれほどあったでしょうか。ちょっと想像してみてください。

原始時代から、いろいろ変遷を経て、現代まで来ました。しかし、「過半数幸せ」時代など、ほとんどなかったでしょうね。それをおわかりいただけるならけっこうです。圧倒的多数のだれもが「負けるが勝ち」ぐらいで生きてきたんです。なんとか「逆転」しようとしてきました。それが世の中です。ちょっと不幸せでつらいけど、なんとか楽しみをみつけ、ニコニコして生きようという姿勢で暮らしてきたはずなんです。ただ、「負けるが勝ち」にも程度があります。負けるが「ちょっと勝ち」程度から、負けるが「うんと勝ち」以上まででしょうね。
なかなか普通にゲームをこなしていても、ゲットできないのがパズドラ 魔法石です。そしてこれが、ゲームの攻略にはなくてはならない鍵です。今までは課金してゲットしていましたが、最近は裏技で集めています。
パズルの連鎖がうまくできれば攻略が優位に進むので、パズル得意な人はパズドラを絶対やってみたほうがいいと思います。自分はまだまだ下手だから今練習してます。


ダイナマイトの発明者、アルフレッド・ノーベルさんは、その危なっかしさを悔やみ、全財産をノーベル賞の創設へとつぎ込みました。その結果、後に経済学賞まで設けられて、いまやゲーム理論の分野でも、何人かがノーベル賞を受賞することになったのです。そんなゲーム理論、通常は「勝つ側」で考える人が多いものです。けれど、当然ながら、「負ける側」からゲームを分析することもできます。

ここでは、「負ける側」や「不幸せな側」から、ゲーム理論でその原因の分析をするんだとお考えいただいたらよいでしょう。負け方を徹底的に考えることによって、逆に勝ち方の「秘伝中の秘伝」に接近することだって可能だと思いません?なぜ負けるかがわかるようになれば、勝ち方も自在になってくるんですけどね。

新着記事
2013/09/16 Recommendを更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 勝てない法則を知るを更新しました。
2013/09/08 逆転のチャンスを更新しました。
2013/09/06 小さな不幸せを更新しました。
2013/09/04 勝ち方の科学を更新しました。
2013/09/03 ゲームは「負けるが勝ち」?逆転のチャンスをつかもうを更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
ハンゲームファンタジーアーズ ゼロ Wizardry Online
ハンゲームは、アクションゲームやパズルなどのオンラインゲームが盛りだくさん。スクエニが贈る50vs50の大規模バトル・爽快アクションゲーム!大陸の覇権はどの王の手にダンジョン探索ゲームWizardryシリーズのオンライン版。緊張感のある強制削除、死んだら簡単に生き返れない